コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアロゾル aerosol

翻訳|aerosol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エアロゾル
aerosol

固体または液体の微粒子が,気体中でコロイド状(→コロイド)になって浮遊している状態。エーロゾルともいう。もや,霧,,ミスト,スモッグなどがこれであり,ロンドン型スモッグのように色が暗黒に近いほど視程障害(→視程)を起こしたり,激しい呼吸器疾患を起こしたりする。粒子の径は,ほぼ 60μm(0.06mm)以下とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エアロゾル

煙霧質

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エアロゾル
えあろぞる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエアロゾルの言及

【エーロゾル】より

…気体中に固体または液体の細滴が分散した系で,煙霧質,エアロゾルともいう。固体分散系にはちり,煙,液体分散系には霧,もや,雲なども含まれる。…

※「エアロゾル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エアロゾルの関連キーワードネブライザー療法(霧滴吸入療法)地球環境変動観測ミッションカッシーニ(惑星探査機)世界の環境問題(年表)日本エアロゾル学会レーザー・レーダー日傘(ひがさ)効果気候変動観測衛星中層大気観測計画核燃料含有物質大気エアロゾル世界気象機関エイトケン核世界気候計画ピレトリン類全球大気監視ネブライザーエーロゾル剤生物学兵器地球温暖化

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エアロゾルの関連情報