コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煙霧質 えんむしつ

2件 の用語解説(煙霧質の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

煙霧質【えんむしつ】

エアロゾル,エーロゾルとも。固体や液体の微粒子が気体中に分散してコロイド状態にあるもの。煙,霧,雲などがその例。粒子の大きさは0.1〜1μm程度で,一般のコロイドに比べると大きく,凝結を起こしやすい。
→関連項目ゾル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

煙霧質
えんむしつ
aerosol

気体を分散媒とし、固体や液体の微粒子を分散質としているコロイド分散系である。エアロゾルまたはエーロゾルともいう。液体が分散質となっている場合は霧であり、固体の微粒子が分散しているのが煙である。通常は安定性がよくないので、放置すると粒子の沈降、凝集がおこる。汚染大気中にみられるいわゆるスモッグは、浮遊性の粒子状物質を含む一種の煙霧質である。
 煙霧質ははっきりしたチンダル現象を示す。ヒドロゾルとの大きな相違点として、荷電による分散系の安定化がほとんどないことがあげられる。分散している粒子もかならずしも荷電をもっていない。このために煙霧質を短時間で捕集するためには、高電圧をかけた電場のなかを通過させて、電極上に分散粒子を集めてしまうコットレル集塵機がよく用いられる。煙霧質の捕集にはこのほかにもいろいろな方法があり、特殊な紙で濾過(ろか)したりする。粒径により分画して捕集するにはアンダーセンサンプラーなどが用いられることもある。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の煙霧質の言及

【エーロゾル】より

…気体中に固体または液体の細滴が分散した系で,煙霧質,エアロゾルともいう。固体分散系にはちり,煙,液体分散系には霧,もや,雲なども含まれる。…

※「煙霧質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

煙霧質の関連情報