エアー漏れ(読み)えあーもれ

ダイビング用語集の解説

エアー漏れ

器材から本来は漏れることのない空気が漏れている状態のこと。もっとも一般的なのはタンクバルブからのエアー漏れだが、かすかに漏れている程度ならダイビングに支障のないケースがほとんど。必要以上にエアー漏れに神経質になるのは、いかにもビギナーに見られることも。

出典 ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』ダイビング用語集について 情報

パラグライダー用語辞典の解説

エアー漏れ

キャノピークロスはポリエステルやナイロン繊維を織り込まれた布地で出来ているが、そのままでは空気(エアー)が透過してしまい翼としての役割をはたさない。この為、空気を通さないよう表面にアクリルやシリコンのコーティング処理をしている。新品の時は殆ど空気を通さないキャノピークロスも使用のストレスと共に経時変化も加わり、エアー漏れの現象が起きてくる。エアー漏れが進んでくると、ライズアップが重くなったり、滑空性能が悪くなってくる。また、ストールポイントも高くなり、注意が必要である。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android