エイコンドライト(英語表記)achondrite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エイコンドライト
achondrite

石質隕石のうち,コンドリュール (球顆) を含まないものの総称。アコンドライト無球顆隕石と呼ばれることもある。構造は地球上の火成岩に似ているが起源はまだはっきりしない。エイコンドライトはカルシウムに富むものと,カルシウムに乏しいものの2つに大別されるが,その鉱物組成に準じて次の6種類に細分される。 (1) オーブライト aubrite,(2) ユレーライト ureilite,(3) ディオジェナイト diogenite,(4) ハワーダイト howardite,(5) ユークライト eucrite,(6) ナクライト nakhlite。月の岩石のなかにはエイコンドライトに似たものがあることから,最近エイコンドライトは太陽系の起源を考えるうえで重要な岩石と考えられるようになってきた。 (→コンドライト )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

エイコンドライト【achondrite】

石質隕石いんせきの一。コンドライトに見られるような球状体を含まない。地球に落下する隕石の中ではまれである。無球粒隕石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android