エイシチョウ(読み)えいしちょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エイシチョウ
えいしちょう
sharpbill
[学]Oxyruncus cristatus

鳥綱スズメ目エイシチョウ科の鳥。1科1属1種。タイランチョウ科の1種とする学者もいる。トガリハシという名でよばれることもある。全長約17センチメートル、全体にオリーブ色の羽色をしており、頭に朱色のよく目だつ羽毛がある。嘴(くちばし)はまっすぐで、先端が錐(きり)の先のように鋭くとがっている。コスタリカからパラグアイにかけての熱帯森林にすむ。生態はよくわかっていないが、群れにはならず、木の実を主食にしていると考えられる。[樋口広芳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエイシチョウの言及

【タイランチョウ】より

…和名のタイランチョウ(太蘭鳥)は,英語のtyrant‐flycatcherの当て字である。 エイシチョウOxyruncus cristatus(鋭嘴鳥。英名sharpbillまたはcrested sharpbill)は,その名のように鋭くとがったくちばしをもち,解剖学上の特徴も特殊なので,独立のエイシチョウ科Oxyruncidaeに分類されたり,タイランチョウのあるものと羽色が似ていることから,タイランチョウ科に分類されたりしている。…

※「エイシチョウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android