コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウェ族 エウェぞく Ewe

翻訳|Ewe

1件 の用語解説(エウェ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウェ族
エウェぞく
Ewe

ガーナ南東部とトーゴ南部に住む民族。ニジェールコンゴ語派のクワ諸語に属するエウェ語を話す。人口は 300万以上と推定される。元来ナイジェリア西部の住民であったが,17世紀頃に3集団に分裂して現在地に住みついた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエウェ族の言及

【トーゴ】より

…【端 信行】
[住民,社会]
 北部のサバンナと南部の熱帯雨林という自然の区分と同じように,住民の構成も文化的にも言語系統の点でもはっきりと二分される。南部を代表するのはクワ語群に属するエウェ語を話すエウェ族Eweで,ガーナ南部やベニン南部にもまたがって居住している。トウモロコシ,ヤムイモ,アブラヤシ,キャッサバを栽培する農耕民で,最近ではイネやカカオも導入している。…

※「エウェ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エウェ族の関連キーワードアシャンティ族トーゴボルタ湖アコソンボダムアフラオトーゴ湖カチンエウェ語タイの山岳民族