エウトロピウス(英語表記)Eutropius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウトロピウス
Eutropius

4世紀のローマの歴史家。ユリアヌス帝のもとでペルシアに遠征。ロムルスからヨウィアヌス帝までを扱った『ローマ史概説』 Breviarium ab urbe condita (10巻) を著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エウトロピウス【Eutropius】

東ローマ宮廷の宦官生没年不詳。奴隷として生まれ,379年頃解放される。395年に皇帝侍従長となり,アルカディウス帝の信を得た。395年末スティリコと共謀してゴート人将校ガイナスにルフィヌスを殺害させたのち,東ローマ政府の実権を握り,399年には宦官として初めてコンスルに就任。しかし皇妃エウドクシアの不興を買い,元老院にも嫌われて,同年ガイナスの策謀によりキプロスに追放された。この間,東部イリュリクムの管轄権をめぐってスティリコと,また司教裁判権等に関して教会勢力と対立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報