コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エオバクテリウム Eobacterium isolatum

世界大百科事典 第2版の解説

エオバクテリウム【Eobacterium isolatum】

南アフリカのバーバートン地方に分布する始生代のスワートコッピー累層から発見されたバクテリア化石。この地層はオンフェルワクト層群最上部にあたり,その地質年代は31億年前とされている。エオはギリシア語の暁,原始に由来し,最古のバクテリアの意。E.S.バーグホーン,J.W.ショップの命名で(1966),その報告ではフィグツリー層群から産出したと記載されているが,後にショップが上記のように訂正している。この化石はチャート中から電子顕微鏡で見いだされた0.5~0.7×0.2~0.3μmの大きさの化石で,杆状をしたバシルス型のバクテリアと考えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

エオバクテリウムの関連キーワード動物

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android