コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エオバクテリウム Eobacterium isolatum

1件 の用語解説(エオバクテリウムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エオバクテリウム【Eobacterium isolatum】

南アフリカのバーバートン地方に分布する始生代のスワートコッピー累層から発見されたバクテリアの化石。この地層はオンフェルワクト層群最上部にあたり,その地質年代は31億年前とされている。エオはギリシア語の暁,原始に由来し,最古のバクテリアの意。E.S.バーグホーン,J.W.ショップの命名で(1966),その報告ではフィグツリー層群から産出したと記載されているが,後にショップが上記のように訂正している。この化石はチャート中から電子顕微鏡で見いだされた0.5~0.7×0.2~0.3μmの大きさの化石で,杆状をしたバシルス型のバクテリアと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エオバクテリウムの関連キーワードクーバードバーバリシープボーア戦争アフリカ象アフリカ舞舞南アフリカ烏秋南アフリカ連邦アフリカの女王ブルー・バートン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone