地質年代(読み)ちしつねんだい

百科事典マイペディア「地質年代」の解説

地質年代【ちしつねんだい】

地質時をおもな生物種族の生存間に基づいて区分したもの。普通は動物の進化が規準にされ,古いほうからに,始生代,原生代,古生代中生代新生代に大きく区分する。始生代より前の時代は冥王代という。また植物の進化に基づく場合は,古植代,中植代,新植代などという。冥王代から原生代までは合わせて先カンブリア時代と呼ばれる。代の境は生物界の最も大きな変遷に対応する。古生代以後についてみると,生物の分類単位の門や綱などの変遷の時期にあたる。代はさらに,期に細分する。
→関連項目地質系統地質時代

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版「地質年代」の解説

地質年代
ちしつねんだい

地球の誕生以来,岩石や地層に残っている記録によって推測される範囲の時代
生物の進化史にもとづいて時代区分が行われる。古いほうから順に先カンブリア代・古生代・中生代・新生代に分けられ,各代は紀,世に細分される。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android