エキバストゥーズ(英語表記)Ekibastuz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エキバストゥーズ
Ekibastuz

カザフスタン北東部,パブロダール州の都市。州都パブロダールの西南西約 130km,イルトゥイシ=カラガンダ運河に沿って位置する。エキバストゥーズ炭田の採炭中心地。同炭田は埋蔵量が豊かで,古くから採炭されていたが,本格的な開発は 1953年鉄道が開通してからで,大規模な露天掘りが行われている。ほかに建設資材,食品などの工業がある。近郊に大規模な火力発電所が立地し,旧ソ連の諸国 (ロシアなど) に電力を輸出している。人口 13万 8900 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android