コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エグリトビケラ えぐりとびけら

1件 の用語解説(エグリトビケラの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エグリトビケラ
えぐりとびけら / 刳飛螻・刳石蚕

昆虫綱トビケラ目エグリトビケラ科の昆虫の総称、またはその1種。この科は北半球の冷温帯を中心に分布するトビケラ目の最大のグループで、日本には約40種が知られている。最大の種は和名エグリトビケラNemotaulius admorsusで、体長約25ミリメートル、成虫の翅長(しちょう)30ミリメートル以上。日本各地に分布し、頭部は黄褐色で腹部は褐色。前翅は細長く、半透明で、中央部に太い透明な斜帯紋があり、外縁はえぐれて波状をなしている。近縁種にコエグリトビケラやクロツツトビケラなど、体長5ミリメートル内外の小形種も多い。これらの幼虫はすべて水中生活をし、池沼や河川にすみ、植物片や砂粒でミノムシのような円筒形の巣をつくる。餌(えさ)はおもに落ち葉などの有機物で、淡水域の分解者として生態的に重要な役割を果たしている。[谷田一三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエグリトビケラの言及

【トビケラ(飛螻蛄)】より

…完全変態を行う。 幼虫およびさなぎはエグリトビケラ科の数種のように,じめじめした蘚苔(せんたい)類または腐植土に生活するものを除き,すべて水生で,まれには汽水に生活する種類も知られているが,ほとんどが淡水性である。生息地域は広く湖沼,河川,渓流などの水域に分布し種類によりすみ分けている。…

※「エグリトビケラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone