コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エコノモ脳炎 エコノモノウエン

大辞林 第三版の解説

エコノモのうえん【エコノモ脳炎】

〔1917年、ウィーンで流行したときの報告者エコノモ(C. von Economo)の名から〕
嗜眠しみん性脳炎。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のエコノモ脳炎の言及

【脳炎】より

…脳実質の炎症による神経疾患で,病原体の脳実質への直接の影響によるもの,各種感染症に続発したり予防接種後などにおこるアレルギー性機序の考えられるものがある。(1)病原体が脳実質を直接侵すことによる脳炎 日本脳炎,エコノモ脳炎,単純ヘルペス脳炎などをはじめ病原体はほとんどがウイルスである。症状は発熱,頭痛,吐き気,嘔吐などで始まり,意識障害や精神症状を呈するようになる。…

※「エコノモ脳炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エコノモ脳炎の関連キーワード嗜眠性脳炎脳炎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android