エスター・ビドル ローズ(英語表記)Esther Biddle Rhoads

20世紀西洋人名事典の解説

エスター・ビドル ローズ
Esther Biddle Rhoads


1896.11.26 - 1977.2.4
米国の宣教師
元・普連土学園長。
ペンシルベニア州フィラデルフィア市生まれ。
1917年フィラデルフィア・ミッション・ボードより派遣され、宣教師として来日する。東京三田の普連土女学校で教鞭をとった後、一時帰国するが、’21年再び来日、戦時中を除き、’60年に帰国するまで普連土学園のために尽力した。また、’50年にはバイニング夫人の後任で皇太子の英語教師も務める。フレンド派(クエイカー)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android