コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エステラーゼ esterase

大辞林 第三版の解説

エステラーゼ【esterase】

エステルを加水分解する酵素の総称。広く動植物の組織中に存在し、エステルを酸とアルコールとに分解する。狭義には、その一種、脂肪を加水分解するリパーゼをさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

エステラーゼの関連キーワードアセチルコリンエステラーゼ阻害剤カルボン酸エステルヒドロラーゼ抗コリンエステラーゼ殺虫剤アセチルコリンエステラーゼアルツハイマー型痴呆治療薬非特異的コリンエステラーゼコリンエステラーゼ阻害剤抗コリンエステラーゼ薬ホスホジエステラーゼエンテロペプチダーゼコリンエステラーゼプロカインアミドナッハマンゾーンアセチルコリン有機リン化合物ブロメラインツボクラリン重症筋無力症酵素加水分解リソソーム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android