コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エダナナフシ えだななふし

1件 の用語解説(エダナナフシの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エダナナフシ
えだななふし / 枝竹節虫
[学]Phraortes illepidus

昆虫綱ナナフシ目ナナフシ科に属する昆虫。触角の長い、はねをもたないナナフシで、体色に緑、黄緑、褐色などの型があり、いずれも木の枝と紛らわしくみえるのでこの名がある。体長7~10センチメートル。本州、四国、九州に分布し山野に普通にすむ。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエダナナフシの言及

【ナナフシ(七節)】より

…世界から約2000種が知られ,日本には十数種を産する。ナナフシのほか,エダナナフシ,トビナナフシ,オキナワナナフシなどが代表種である。【山崎 柄根】
[利用]
 タイの薬屋にはナナフシの糞を売っているという。…

※「エダナナフシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。