エダナナフシ(読み)えだななふし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エダナナフシ
えだななふし / 枝竹節虫
[学]Phraortes illepidus

昆虫綱ナナフシ目ナナフシ科に属する昆虫。触角の長い、はねをもたないナナフシで、体色に緑、黄緑、褐色などの型があり、いずれも木の枝と紛らわしくみえるのでこの名がある。体長7~10センチメートル。本州、四国、九州に分布し山野に普通にすむ。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエダナナフシの言及

【ナナフシ(七節)】より

…世界から約2000種が知られ,日本には十数種を産する。ナナフシのほか,エダナナフシ,トビナナフシ,オキナワナナフシなどが代表種である。【山崎 柄根】
[利用]
 タイの薬屋にはナナフシの糞を売っているという。…

※「エダナナフシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android