コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エダム Edam

デジタル大辞泉の解説

エダム(Edam)

オランダ、ノルトホラント州の町。首都アムステルダムの北約20キロメートルに位置する。17世紀頃からチーズの生産が盛んで、エダムチーズの生産地として世界的に知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

エダム

オランダのエダム地方で生産されるチーズ。形は上下がやや平らな球状。ハードタイプ。オランダの代表的チーズのひとつ。そのまま食するほか、削って粉チーズにして料理に用いることもある。赤いワックスで表面をコーティングして輸出されることから、日本では「赤玉」の愛称もある。原綴《Edam》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

エダム【Edam】

オランダ西部、エダム産の硬質のナチュラル-チーズ。球状で、表面を赤く着色。赤玉チーズ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のエダムの言及

【フォーレンダム】より

…オランダ,北ホラント州の都市エダムEdamの観光の名所。アムステルダムの北東20kmにあり,かつては漁業で栄えていた一漁村であったが,ゾイデル海が淡水湖(アイセル湖)に変えられて以来,漁業は振るわなくなり,代わってすぐ近くのマルケンMarken島とともにオランダ有数の観光地として有名になった。…

※「エダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エダムの関連キーワードミモレット・フランセーズエダムフォレンダムフォーレンダムアルクマールハードチーズ赤玉チーズワーフ広場硬質チーズ酪農叙階着色

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エダムの関連情報