コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤玉/赤珠 アカダマ

4件 の用語解説(赤玉/赤珠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あか‐だま【赤玉/赤珠】

赤色の玉。また、明るく輝く玉。
琥珀(こはく)
赤褐色をした碧玉(へきぎょく)。水にぬれると赤みを増すので、庭石や水石(すいせき)などとして珍重される。佐渡などに産する。赤石。赤玉石。
江戸時代の売薬の名。赤色の丸薬で、癪(しゃく)二日酔いに使われた。神教丸。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

赤玉

オランダの代表的チーズエダムチーズ」の日本での愛称。表面を赤いワックスコーティングしてあることから。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤玉
あかだま

碧玉」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤玉
あかだま

赤褐色をした碧玉(へきぎょく)で、庭石、水石、飾り石などに使われるものをいう。赤鉄鉱を含んでいるため赤褐色にみえる。ほとんど不透明。硬度は石英にほぼ等しく、研磨すると美しい光沢が生ずる。ケイ酸分に富む岩石を母岩とする鉄鉱床、あるいは鉄を含む鉱床の珪化(けいか)帯に産する。また酸性火山岩中の脈としてもよくみられる。新潟県佐渡(さど)市赤玉およびその付近から産するものが有名。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の赤玉/赤珠の言及

【生理用品】より

…江戸時代に紙が実用化すると,布や粗悪な紙が丁字帯(細長い布の一端にひもをつけ,前で結んでもう一方の端をはさんで用いる)とともに使われた。遊廓では紙に赤い絹を巻いたタンポンを用い,それらは赤団子,赤玉などと呼ばれていた。明治の中ごろには脱脂綿が普及し,日清戦争のときには従軍看護婦を中心として使われるようになった。…

※「赤玉/赤珠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤玉/赤珠の関連キーワード赤色の袍赤襟黒玉耿耿白日光る皓然昭昭照輝くパーキニー効果

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone