コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチオピア人民革命民主戦線 エチオピアじんみんかくめいみんしゅせんせんEthiopian People's Revolutionary Democratic Front

1件 の用語解説(エチオピア人民革命民主戦線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エチオピア人民革命民主戦線
エチオピアじんみんかくめいみんしゅせんせん
Ethiopian People's Revolutionary Democratic Front

略称 EPRDF。エチオピアの政党。 1988年5月,メンギスツ政権打倒を目的に,ティグレ州を基盤とするティグレ人民解放戦線 TPLFを主力に,北部アムハラ族を基盤とするエチオピア人民民主運動 EPDF,オロモ人民民主組織 OPODの共闘組織として設立。オロモ人の最大組織オロモ解放戦線 OLFやエリトリア人民解放戦線 EPLFとも協力し軍事攻勢を強め,91年5月にメンギスツ政権打倒に成功。同年7月には全政党会議を開催したが EPRDF,OLF,EPLF間の話し合いがまとまらず EPRDF単独の暫定政府を組織し,暫定大統領に EPRDFのメレス・ゼナウィ書記長が就任。新指導部は外資導入を認めたほか,国内の部族問題に関しても民族自決権を容認する立場を打出し,EPLFとはエリトリア独立の可否を問う住民投票の実施を約束した。その結果を受け 93年4月には住民投票が行われ,同年5月にエリトリアはエチオピアから分離独立した。 94年6月に行われた複数政党制による制憲議会選挙では EPRDFが圧勝した。 95年6月の下院選挙でも 548議席中 483議席を獲得,同年8月にはネガソ・ギダダ前情報相を大統領に,メレス前大統領は事実上の最高権力者である首相に就任した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エチオピア人民革命民主戦線の関連キーワードエチオピア革命エリトリア紛争オロモ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone