コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチオピア文学 エチオピアぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エチオピア文学
エチオピアぶんがく

主として古典エチオピア語 (ゲエズ語 ) で書かれた各種の著作をさすが,そのほかに近代エチオピア語であるアムハラ語,ユダヤ教徒の用いるファラシャ語の作品も含まれる。前者は第1期 (4~7世紀) と第2期 (13世紀末~19世紀) に分けられる。第1期の初め,アクスム朝時代には若干の刻文があるほか,かなり多くのユダヤ,キリスト教関係文書の翻訳があり,キリスト教研究の基本文献をなす。第2期は,(1) サロモ王時代 (1270頃) とその続き,(2) ザラ・ヤコブ王 (1434~68) から 1520年頃まで,(3) それ以後,に区分される。今日残されている多数の写本を内容的に分類すると,キリスト教関係 (聖書翻訳,聖書注解,典礼,式文,祈祷書,賛美歌,神学,教会法,聖伝) が圧倒的多数を占めており,代表作に『フェッカーレー・イーヤスース』 (イエスについての解明) ,『ウェッダーセー・マリアム』 (聖母賛歌) ,『ゲブラ・ヘマーマート』 (朗読用聖書集) などがある。歴史物語には『ケブラ・ナガシュト』 (王たちの栄光) ,法典集には『フェタ・ナガシュト』 (王たちの法制) がある。物語では『バアラムとヨサファト』や『アレクサンダー物語』のような翻訳が多い。 20世紀にはアムハラ語による現代文学が生れ,第2次世界大戦後になるとハワリアットの『アラヤ』 (1948) ,アラマヤフの『不正な判事』 (74) など社会性をもつ作品が数多く登場する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android