現代文学(読み)げんだいぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明治以降現在までの文学近代文学と総するが,その中でも昭和以降のものを現代文学とするのが一般的である。既に,森鴎外・夏目漱石の作品も,昨今大学生・高校生には注釈を必要とする時代であることとは別に,自分と同時代の文学,現在の文学という意味で用いられる。もちろん,「現在」は瞬く間に「過去」となるわけで,今では第2次世界大戦の終わった 1945年以降とするも有力になりつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文芸同人雑誌。1940年(昭和15)1月創刊、44年1月終刊。全46冊。大観堂発行。『槐(えんじゅ)』(1938.6~39.11)の後身として第3巻第1号の形で創刊された。大井広介(ひろすけ)、杉山英樹(ひでき)、小熊秀雄(おぐまひでお)、菊岡久利(くり)らが中心。赤木俊(荒正人(あらまさひと))、小田切(おだぎり)秀雄、平野謙、佐々木基一(きいち)、山室静(やまむろしずか)、本多秋五たち戦後の『近代文学』創刊同人や岩上順一ら、また坂口安吾(あんご)、井上友一郎、野口冨士男(ふじお)らが加わって、戦争下に、ともかくも「文学固有の意味と真実を擁(まも)るため」という創刊時の趣意を通した。杉山の『バルザツクの世界』、坂口の『日本文化私観』、本多の『「戦争と平和」について』などが載る。

[高橋春雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 国文学史上、近世文学(江戸文学)に対して、明治維新以後の文学の称。また、明治以後の文学を明治大正文学とそれ以後の文学に分かち、特に大正末期以後昭和期の文学をいう称。さらには第二次世界大戦後の文学を称することもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android