エックスはちろく(読み)エックスハチロク(英語表記)x86

デジタル大辞泉の解説

米国インテル社が開発したマイクロプロセッサーのシリーズ名。1978年に発売された初の16ビットマイクロプロセッサー8086にはじまり、80888018680286、同社初の32ビットマイクロプロセッサーi386i486がリリースされた。また、米国AMD社やIBM社などが互換プロセッサーを製造している。x86アーキテクチャー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

インテルが開発したマイクロプロセッサーのシリーズ名。1978年に同社初の16ビットのマイクロプロセッサー「8086(はちゼロはちろく)」が開発され、続いて「80286」「i386」「i486」が登場。同じアーキテクチャー(設計思想)を受け継ぐ互換CPUも他のメーカーにより開発され、1990年代以降、マイクロソフトWindowsとインテルのx86系マイクロプロセッサーを搭載する、いわゆる「ウィンテル」のパソコンが事実上の業界標準(デファクトスタンダード)となった。◇「x86アーキテクチャー」「x86マイクロプロセッサー」「80x86」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android