コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エディクラ aedicula

1件 の用語解説(エディクラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エディクラ【aedicula】

建築物の壁面から張り出すようにしてつくられた石造または木造の飾壇。中央の凹所にはしばしば彫像,小祭壇,銘板等が置かれ,神殿の正面に似せてその周囲を囲む形で左右に柱,上部に軒と破風が配される。この形式はすでに古代ローマ時代に完成され,荘重にして優美な建築装飾の手法としてさかんに用いられた。もともと〈小神殿〉を意味するラテン語(正しくはアエディクラ)であったが,時代とともに語義が広まり,中世初期には礼拝堂が,ルネサンス,バロック時代には窓や扉を囲う枠組みの一種,あるいは聖堂内の祭壇を覆う天蓋が,ともにエディクラと呼ばれたこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エディクラの関連キーワードファサード壁面線桟道建坪引っ張り出す壁泉駆出す噛んで吐き出すよう壁面の位置の制限建築基準法第8条(維持保全)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone