コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エディクラ aedicula

世界大百科事典 第2版の解説

エディクラ【aedicula】

建築物の壁面から張り出すようにしてつくられた石造または木造の飾壇。中央の凹所にはしばしば彫像,小祭壇,銘板等が置かれ,神殿の正面に似せてその周囲を囲む形で左右に柱,上部に軒と破風が配される。この形式はすでに古代ローマ時代に完成され,荘重にして優美な建築装飾の手法としてさかんに用いられた。もともと〈小神殿〉を意味するラテン語(正しくはアエディクラ)であったが,時代とともに語義が広まり,中世初期には礼拝堂が,ルネサンス,バロック時代には窓や扉を囲う枠組みの一種,あるいは聖堂内の祭壇を覆う天蓋が,ともにエディクラと呼ばれたこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エディクラの関連キーワードオルサンミケーレ教会

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android