エトロフ発緊急電(読み)エトロフハツキンキュウデン

デジタル大辞泉の解説

えとろふはつきんきゅうでん〔えとろふハツキンキフデン〕【エトロフ発緊急電】

佐々木譲長編小説。平成元年(1989)刊。同年、第8回日本冒険小説協会賞受賞。平成2年(1990)、第3回山本周五郎賞および第43回日本推理作家協会賞受賞。第二次大戦3部作とよばれる作品群の第2作。日系米国人スパイと日本人女性の悲恋や、戦争に翻弄される人々の姿を描く。平成5年(1993)、テレビドラマ化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エトロフ発緊急電の関連情報