コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エナミン エナミンenamine

2件 の用語解説(エナミンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エナミン(enamine)

炭素‐炭素二重結合アミノ基の結合した物質の総称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エナミン【enamine】

炭素‐炭素二重結合(ene)に第三アミノ基(amine)が直接結合した部分構造(エナミン構造という)をもつ有機化合物の総称。この構造がエノールの水酸基をアミノ基で置換した構造に相当するという意味で,1927年ドイツのウィティヒG.Wittigにより使われたのが最初である。エナミンは,アルデヒドまたはケトンにpトルエンスルホン酸などの触媒や適当な脱水剤の存在下で第二アミンを作用させれば容易に合成できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone