コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネルギー等分配の法則 エネルギーとうぶんぱいのほうそくequipartition law of energy

世界大百科事典 第2版の解説

エネルギーとうぶんぱいのほうそく【エネルギー等分配の法則 equipartition law of energy】

一つの運動の自由度に対して1/2kT(kはボルツマン定数,Tは絶対温度)の熱エネルギーが分配されるという法則。単に等分配則ということもある。単原子分子の理想気体では,分子がx,y,zの3方向に運動するので運動の自由度は3となる。したがって,1個の分子は3/2kTだけの熱エネルギーをもつ。この結果は気体分子運動論の立場から導くことができる。固体中で分子格子振動するときには,さらに位置エネルギーが加わるが,これに対しても,運動エネルギーと同様,3/2kT熱エネルギーが分配される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のエネルギー等分配の法則の言及

【マクスウェル=ボルツマン分布】より

…温度Tの熱平衡状態では,質量の大きな粒子も小さな粒子も,また粒子間相互作用のいかんによらず,各粒子の運動エネルギーの平均値は等しく(3/2)kTである。このようなエネルギー等分配の法則は量子統計では成り立たない。【伊豆山 健夫】。…

※「エネルギー等分配の法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エネルギー等分配の法則の関連キーワードレイリー‐ジーンズの放射法則アインシュタインの関係式デュロン=プティの法則ボルツマン定数単原子分子レイリー理想気体格子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android