コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気体定数 きたいていすう gas constant

7件 の用語解説(気体定数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気体定数
きたいていすう
gas constant

ガス定数ともいう。理想気体 1mol状態方程式 pvRT (圧力 p ,体積 V ,絶対温度 T ) に含まれる普遍定数 R のこと。その値は 8.31429±0.0003 J/mol・K (炭素 12目盛り) である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きたい‐ていすう【気体定数】

ボイル‐シャルルの法則によれば、気体1モルの体積V、圧力P絶対温度Tの間には、PVRTの関係があり、このときの比例定数Rをいう。気体の種類にかかわりなく、R=8.3143J/K ・ molの値をとる。ガス定数

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

気体定数【きたいていすう】

理想気体の状態方程式pV=nRT(pは圧力,Vは気体の体積,nはモル数,Tは絶対温度)における比例定数Rをいう。理想気体1モル(モル)についてみた場合,この値は気体の種類によらず一定で,R=8.31451J/mol・K。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

気体定数

 気体常数,ガス定数ともいう.気体の圧力 (P),絶対温度 (T),体積 (V),モル数 (n) の間には,PVnRTの関係がある.このR

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きたいていすう【気体定数 gas constant】

1molの理想気体の圧力,体積,絶対温度をそれぞれp,V,Tとすれば,ボイル=シャルルの法則によりpVRTが成り立つ。この式中の定数Rを気体定数という。1molの気体は,1気圧,0℃の状態で22.4lの体積を占めることを利用すると,気体定数はR=8.31J/mol・K=0.082l・atm/mol・Kと計算される。なお,気体定数をモル分子数で割ったものはボルツマン定数である。【阿部 竜蔵】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きたいていすう【気体定数】

体積 V ,圧力 P ,絶対温度 T の一モルの理想気体における P V /T の値。略号 R  気体の種類によらず常に一定である。ガス定数。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気体定数
きたいていすう
gas constant

1モルの理想気体の状態方程式pVRTpは圧力、Vは1モルの容積、Tは絶対温度)中の定数Rを気体定数という。ガス定数あるいは普遍気体定数ともいう。アボガドロの法則から、理想気体とみなせる気体は、その種類いかんによらず、同温・同圧下の容積は同じ一定値(0℃、1気圧の下で22.4136リットル)をとるから、Rは気体の種類によらない定数となる。その値は、
 R=(8.31441±0.00026)J/molK
  =(8.20568±0.00026)
  ×10-2m3atm/kmolK
となる。また気体定数は、ボルツマン定数kとアボガドロ定数NAとの間にRNAkの関係がある。[戸田源治郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気体定数の関連キーワード気体温度計複比例ボイル=シャルルの法則理想気体ボイル・シャルルの法則気体の状態式クラウジウスの状態方程式クラウジウスの法則ケロッグ則ブンゼンの吸収係数

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone