理想気体(読み)リソウキタイ

デジタル大辞泉 「理想気体」の意味・読み・例文・類語

りそう‐きたい〔リサウ‐〕【理想気体】

ボイル‐シャルルの法則に完全に従い、分子間の相互作用を無視できる仮想気体実在の気体では、高温低圧のときにこれに近い完全気体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「理想気体」の意味・読み・例文・類語

りそう‐きたいリサウ‥【理想気体】

  1. 〘 名詞 〙 ボイルシャルル法則が完全に適用されると仮定した気体。高温・低圧の気体がこれに近い。⇔実在気体

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「理想気体」の意味・わかりやすい解説

理想気体【りそうきたい】

ボイル=シャルルの法則に完全に従う仮想的な気体。統計力学的には分子の体積および分子間の相互作用を無視し得るような気体をいう。実存気体は高温および低圧になればなるほど理想気体に近い挙動を示すようになる。→状態方程式
→関連項目気体気体定数気体分子運動論質量作用の法則ジュール=トムソン効果絶対温度絶対零度等温変化ルニョー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

改訂新版 世界大百科事典 「理想気体」の意味・わかりやすい解説

理想気体 (りそうきたい)
ideal gas

現実の気体が示す性質を抽象化し,その極限の形として思考上導入された気体。微視的にいえば,分子間に相互作用の働かない理想的な気体である。理想気体の性質として,(1)ボイル=シャルルの法則に従う,(2)内部エネルギー温度だけの関数で体積には依存しない,(3)定積比熱や定圧比熱が一定で温度には無関係であるなどがあげられる。ヘリウムアルゴンのような単原子気体,高温低圧下での水素や酸素などは,近似的に理想気体の性質を示す。一般に,低圧高温の極限ではどんな気体でも理想気体としてふるまうと考えてよい。なぜなら,低圧だと分子間の平均距離が十分大きいので分子間力は無視でき,高温では分子の運動エネルギーが分子間の位置エネルギーよりはるかに大きいからである。1850年,R.クラウジウス永久気体(現在でいう理想気体)に即して熱に関する論文を発表したが,理想気体の性格が明確になったのは,気体分子運動論,統計力学が発展した後のことである。
気体
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

化学辞典 第2版 「理想気体」の解説

理想気体
リソウキタイ
ideal gas

ボイル-シャルルの法則に従う気体で,分子間相互作用および気体分子自身の体積の容器の容積に対する割合が,ともに無視できるような状態にある気体をいう.したがって,液化しにくい気体がこの状態になりやすく,しかも同一気体においては,温度が高く,圧力が低いほどこの状態に近くなる.ボイル-シャルルの法則によれば,すべての気体について,圧力p,体積V,温度Tの間に

pV/T = 一定
の関係がある.一方,アボガドロの法則によれば,すべての気体は同じpVTでは同じ数の分子を含む.したがって,同じ1 mol の気体については

pVRT
の関係が成り立ち,比例定数Rは気体の種類に無関係な基本物理定数(気体定数)となる.n mol 気体については

pVnRT
これらの式を理想気体の(状態)式という.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「理想気体」の意味・わかりやすい解説

理想気体
りそうきたい
ideal gas

ボイル‐シャルルの法則に厳密に従う気体を理想気体という。このことから理想気体は次のような条件を満足させるものであることになる。(1)分子間相互作用がない、(2)単原子分子、(3)有限の大きさの分子を含まない、(4)内部エネルギーか温度のみの関数で密度によらない。

 実在の気体は多少ともこの条件から外れるが、いわゆる永久気体は理想気体に近いものといえる。実在気体も、高温、低密度条件下では理想気体からのずれは非常に小さくなる。

山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「理想気体」の意味・わかりやすい解説

理想気体
りそうきたい
ideal gas

完全気体ともいう。現実には存在しない理想的な気体。理想気体は,ボイル=シャルルの法則を状態方程式とし,内部エネルギーは体積によらず温度だけの関数であり (ジュール=トムソンの法則) ,断熱変化に対してポアソンの法則に従うという重要な特性をもっている。統計力学的には,分子間の相互作用のない気体にあたる。実在の気体では,分子間の相互作用があるため,理想気体とは異なる性質をもつが,密度が十分に小さい希薄な気体は理想気体に近づく。しかし量子力学によれば,希薄な気体でも,十分に低温になると量子効果が働き,状態方程式はボイル=シャルルの法則からはずれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の理想気体の言及

【気体】より

…その結果,気体では分子間の相互作用は小さく,分子はほとんど自由に運動していると考えてよい。分子間の相互作用が0であるような理想的な気体を理想気体という。
[状態方程式]
 一定量の気体の圧力p,体積V,絶対温度Tの間には一定の関係が成り立つ。…

【状態方程式】より

…ここでR気体定数と呼ばれる。 (1)は,厳密にいうと分子間に力が働かないような気体(理想気体)に対して成り立つ状態方程式である。現実の気体でも,それが常温,常圧であれば,十分な精度で(1)が正しいと考えてよい。…

※「理想気体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android