エビータ

デジタル大辞泉プラス「エビータ」の解説

エビータ

①1978年初演のミュージカル原題Evita》。脚本作詞:ティム・ライス作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー。映画女優からアルゼンチン大統領夫人になったエバ・ペロン、愛称エビータの生涯を描いた作品。1980年に第34回トニー賞(ミュージカル作品賞)を受賞。
②1996年製作のアメリカ映画。原題《Evita》。①の映画化。監督:アラン・パーカー、出演:マドンナ、アントニオ・バンデラス、ジョナサン・プライスほか。第69回米国アカデミー賞歌曲賞受賞(「ユー・マスト・ラブ・ミー」)。第54回米国ゴールデングローブ賞作品賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のエビータの言及

【ペロン】より

…ここに彼の政治生命は断たれたかに見えたが,10月17日労働者は大規模な抗議デモを組織してペロンの釈放をかちとり,彼は一躍労働者大衆のアイドルとなった。このデモの成功に一役買ったとされるのが,のちに2番目の夫人(最初の夫人とは1938年に死別)となるエバEva Duarte de Perón(エビータEvita。1919‐52)であった。…

※「エビータ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android