コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピマグマ epimagma

岩石学辞典の解説

エピマグマ

冷却してガスが抜け部分的に結晶作用が進んだパイロマグマ(pyromagma)で,これは半固体で糊やチーズのような硬さの粘りをもっている.これは火口の側面に固着して段丘マグマ(Bench magma)の中で凝結している[Jaggar : 1920, 1947].熔岩湖の中で揮発性成分を放出しながら冷却した結果,ガスを含まず気孔に富むようになった半固体のマグマなどをいう[片山ほか : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

エピマグマの関連キーワードカルストリシック堆積作用