コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピマグマ epimagma

1件 の用語解説(エピマグマの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

エピマグマ

冷却してガスが抜け部分的に結晶作用が進んだパイロマグマ(pyromagma)で,これは半固体で糊やチーズのような硬さの粘りをもっている.これは火口の側面に固着して段丘マグマ(Bench magma)の中で凝結している[Jaggar : 1920, 1947].熔岩湖の中で揮発性成分を放出しながら冷却した結果,ガスを含まず気孔に富むようになった半固体のマグマなどをいう[片山ほか : 1970].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エピマグマの関連キーワード結晶化度建設相二次再結晶作用静的再結晶作用ヒステロ結晶作用アテクタイトペリセントリック結晶作用限界底部結晶作用脱ガス化作用

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone