コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピマグマ epimagma

岩石学辞典の解説

エピマグマ

冷却してガスが抜け部分的に結晶作用が進んだパイロマグマ(pyromagma)で,これは半固体で糊やチーズのような硬さの粘りをもっている.これは火口の側面に固着して段丘マグマ(Bench magma)の中で凝結している[Jaggar : 1920, 1947].熔岩湖の中で揮発性成分を放出しながら冷却した結果,ガスを含まず気孔に富むようになった半固体のマグマなどをいう[片山ほか : 1970].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

エピマグマの関連キーワードカルストリシック堆積作用

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android