コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶岩湖 ようがんこlava lake

世界大百科事典内の溶岩湖の言及

【噴火】より

…山体の中心部にある定常的な火口からの噴火は中心噴火と呼ばれ,山腹の側火口からの噴火は側噴火(側火山),割れ目火口からのものは割れ目噴火と呼ばれる。火口に流出した高温の溶岩が長時間滞留すれば溶岩湖を形成する。比較的粘性の低い溶岩が斜面を流下すれば溶岩流が生じるが,もっと粘性が高いと溶岩円頂丘火山岩尖を生じる。…

【溶岩】より

火山の火口内に溶けた溶岩の溜りができることがある。これを溶岩湖という。地下から供給される溶岩の熱量と表面からの冷却がつり合う場合は,溶岩湖は長期間定常的に存在する。…

※「溶岩湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

溶岩湖の関連キーワードニーラゴンゴ[山]ニヤムラギーラ火山ハレマウマウ火口ニーラゴンゴ火山キラウェア[山]ニアムラギラ山エレバス[山]キラウエア山エレバス火山ハワイ式噴火エレバス山火山ガス七不思議溶岩流噴火口南極

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android