コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エブレイ自治州 エブレイYevreyskaya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エブレイ〔自治州〕
エブレイ
Yevreyskaya

ロシア東部,ハバロフスク地方に属する自治州。同地方南部に位置する。州都ビロビジャン。アムール川中流部左岸にあり,同川をへだてて中国に相対する。南東部はアムール川沿岸低地,北西部は小ヒンガン山脈,ブレヤ山脈などの山地から成り,山地は森林におおわれる。ソ連に住むユダヤ人 (ロシア語でエブレイ) の自治州として 1934年設立されたが,ユダヤ人のこの地への移住が進まず,91年現在ユダヤ人は住民の 10%にも満たないで,大半がロシア人とウクライナ人である。人口は南境をなすアムール川と北部を横断するシベリア横断鉄道に沿う地域に集中する。主要鉱工業は錫の採掘・冶金,木材加工,製紙,農業機械,セメント,繊維など。農業はアムール川沿岸低地を中心にコムギ,ライムギカラスムギ,ダイズ,ヒマワリなどが栽培され,畜産も盛ん。漁業,狩猟も行われる。面積3万 6000km2。人口 22万 200 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android