コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エマイユ

百科事典マイペディアの解説

エマイユ

金属にガラス釉(ゆう)を焼きつける複合工芸で,七宝に相当する仏語。英語ではエナメルツタンカーメンの宝物など古代エジプトから行われているが,ビザンティン帝国時代に洗練され,11―12世紀にモザン地方やリモージュを中心として聖器製作に用いられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

エマイユ【émail】

七宝しつぽう焼き。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エマイユ

七宝」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エマイユ
えまいゆ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエマイユの言及

【七宝】より

…七宝焼の略。ホウロウ(琺瑯)ともいい,英語のエナメルenamel,フランス語のエマイユémailにあたる。金属の素地にガラス釉(ゆう)を焼きつけて装飾する工芸。…

※「エマイユ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エマイユの関連キーワードリオタール(Jeanフーケ(Jean Fouquet)ヒベルノ・サクソン様式ニコラ・ド・ベルダンサン・マルコ大聖堂オルビエト大聖堂七宝焼き・七宝焼ビザンティン美術アイルランド美術ビザンチン美術レイヨナン様式ステンドグラスロマネスク美術七宝(工芸)チェッリーニペルシア美術リムーザンリオタールモザン美術マセイス