エマルション(英語表記)emulsion/〈ドイツ〉Emulsion

栄養・生化学辞典の解説

エマルション

 ラテックス,乳濁液ともいう.互いに混じりあわない液体の系で,一方が小滴となって他方に分散している状態.白く濁った不透明な液.混濁したドレッシングなどでは水と油界面活性剤で混和させる.連続層が油で分散している方(分散層)が水の場合が油中水滴型エマルション,逆の場合が水中油型エマルション

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

エマルション【emulsion】

液体中に他の液体が微粒となって分散・浮遊しているもの。例えば、牛乳は水中に油が微粒となって分散しているもの、バターは油中に水滴が分散しているものである。エマルジョン。乳濁液。 → 分散系

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android