エミール カルタイヤック(英語表記)Emile Cartailhac

20世紀西洋人名事典の解説

エミール カルタイヤック
Emile Cartailhac


1845.2.15 - 1921.11.25
フランスの考古学者。
マルセーユ生まれ。
ヨーロッパ、北アフリカ、ロシア、ギリシアなどで大がかりな発掘調査を行い、1902年にアルタミラ洞窟壁画を調査し、旧石器時代美術が存在した事を明らかにした。ブルイユとの共著で、「アルタミラ洞窟」(’06年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android