コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エムデン会議 エムデンかいぎ

世界大百科事典 第2版の解説

エムデンかいぎ【エムデン会議】

1571年東フリースラント伯爵領にあるエムデン市Emden(現,ドイツ領)で開かれた改革派教会の会議。東フリースラントでは,領主である伯爵夫人アンナの支持を受けて,1543年以来ヨハネス・ア・ラスコJohannes à Lasco(Jan Łaski,1499‐1560)により宗教改革が成立し,ネーデルラントやフランスからの亡命者を受けいれていた。当時ネーデルラントはスペイン領であり,総督アルバ公による宗教改革弾圧は苛烈であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

エムデン会議の関連キーワード安土桃山時代(年表)ヌーネス=バレトナバレテ氏家卜全和田惟政サンアグスチン教会バル一乗谷(いちじょうだに)朝倉氏遺跡災害派遣医療チーム(DMAT)自治体間の災害時相互応援協定

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android