コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラチオールベゴニア Begonia×hiemalis; elatior begonia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エラチオールベゴニア
Begonia×hiemalis; elatior begonia

シュウカイドウ科ベゴニア (シュウカイドウ) 属の園芸品種群で,アラビア海ソコトラ島原産のベゴニア・ソコトラーナ B.socotoranaに球根ベゴニアを掛け合せて作出された多年草。ドイツの著名なベゴニア育種家オットー・リーガーの名前から,リーガース・ベゴニアの名で呼ばれることもある。一重咲き,八重咲き,半八重咲きがあり,花色も赤色,桃色,淡桃色,鮮黄色,淡黄色,白色など多彩。満開時には株全体が花でおおわれたようになる。生産者の栽培技術が進み,鉢植えでほぼ周年出荷されているが,暑さや寒さに弱く,病虫害も発生しやすい。日中は 20~30℃,夜間は 10~20℃が生育適温。夏は遮光してなるべく涼しく管理し,冬は明るい窓辺で最低 10℃以上に保つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android