コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリツィン現象 エリツィンげんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリツィン現象
エリツィンげんしょう

旧ソ連の末期時代,エリツィンに代表されるソ連急進改革派が急速に国民の支持を得て台頭してきた現象のこと。エリツィンは 1987年 11月に,その急進的な発言が冒険主義と非難され,いったん失脚したが,89年3月,新設の人民代議員大会の選挙で9割の票を得て最高会議のメンバーにも選ばれるなど,急激に支持を強め,ロシア共和国最高会議議長を務めた。 90年7月のソ連共産党第 28回大会後,新党結成を目指して急進改革派の多数が離党した。その後 91年に入り「ゴルバチョフ打倒」を宣言,改革派のリーダーとして主導権を握り,同年の8月クーデターを機に完全に権力を掌握,ソ連邦の崩壊からロシアの成立にいたる過程でその地位を不動のものとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android