エリトリア人民解放戦線(読み)エリトリアじんみんかいほうせんせん(英語表記)Eritrean People's Liberation Front; EPLF

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリトリア人民解放戦線
エリトリアじんみんかいほうせんせん
Eritrean People's Liberation Front; EPLF

1970年にエリトリア解放戦線 (ELF) から分離して創設され,マルクス・レーニン主義を標榜した解放組織。エリトリアは 52年にエチオピアに連邦化され 62年以降直接的支配を強く受けるようになった。以来エリトリア人の抵抗は激化し,ELFよりも急進的な EPLFが勢力を拡大した。その後エチオピア軍との激しい交戦が続き,89年にはティグレ人民解放戦線 (TPLF) と連携し攻勢を強めた。 90年に入り,EPLFがエリトリアの 85%を支配下に治めるなかエチオピア側との和平が進められた。 91年5月メンギスツ政権が打倒されたことを受け,国連監視下の住民投票によるエリトリアの独立が 93年5月に実現した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android