エリュトラー海案内記(読み)エリュトラーかいあんないき(英語表記)Periplus Maris Erythraei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古代ローマ時代の紅海,インド洋の航海事情ならびに各港の貿易品,各地の産物などをギリシア語で記した書。作者不詳であるが,エジプト在住のギリシア人の航海者により 70年頃著わされたと推定される。インド洋の季節風を利用して遠洋航海する貿易業者のために書かれ,アフリカ東岸,アラビア海岸,ペルシア湾口からインダス河口,インド東西両海岸,スリランカマレー半島にまで及ぶ各商港の貿易商品を精彩に富んだ筆致で描写している。東西交渉史上重要な資料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android