コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレー半島 マレーはんとう Malay Peninsula

6件 の用語解説(マレー半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレー半島
マレーはんとう
Malay Peninsula

インド洋と南シナ海を分けるインドシナ半島からさらに南方に突出した狭長な半島。北東部と中部をタイが,北西部をミャンマーが,南部をマレーシアが占める。基部のバンコク湾奥から南端まで全長約 1500km。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マレー‐はんとう〔‐ハンタウ〕【マレー半島】

インドシナ半島からさらに南に長くのびる半島。北部はタイミャンマー領、南部はマレーシア領で、南にシンガポール島がある。古くから東西交通の要地。ゴムや鉄・錫(すず)を産する。マラッカ半島マライ半島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マレー半島【マレーはんとう】

インドシナ半島南西部から南へ伸びる細長い半島。西はインド洋,南西はマラッカ海峡を隔ててスマトラと対し,東は南シナ海をはさんでボルネオと対する。特に東側ボルネオ海は広大なアジア大陸棚の一部をなす。
→関連項目アンダマン海シンガポール海峡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マレーはんとう【マレー半島 Malay Peninsula】

東南アジア,インドシナ半島からさらに南へ細長くのびてインド洋と南シナ海を分ける半島。北部はタイおよびミャンマー領,南部はマレーシア領で,南端にシンガポール島がある。全長約1700km,幅60~300km。マレーシア領の部分が最も幅広い。クラ地峡以南の部分(全長約1200km)のみをマレー半島ということもある。中生代造山運動でできた山地は開析が進み,山頂のなだらかな山並み,丘陵状の老年期地形が各地に広く見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マレーはんとう【マレー半島】

インドシナ半島から南に細長く突き出た半島。クラ地峡以南をさす。北部はタイ・ミャンマー、南部はマレーシアに属する。熱帯密林におおわれ、スズ・ゴム・鉄の産が多い。マラヤ半島。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マレー半島
まれーはんとう
Malay Peninsula

インドシナ半島からさらに南に細長く延びた半島。通常クラ地峡以南の範囲をいう。長さ1100キロメートル、面積18万平方キロメートルアンダマン海と南シナ海を分ける位置にあり、北部はタイ、南部はマレーシアに属し、最南端にはジョホール海峡を隔ててシンガポール島がある。古い地質からなる造陸地域で、中央部を侵食から取り残された数列のバンジャラン山脈が南北に走っている。高峰は少なく、タハン山(2189メートル)、コルブ山(2182メートル)、チャマー山(2170メートル)などが高いほうである。また、山地では所々で石灰岩に花崗(かこう)岩が貫入してできた急崖(きゅうがい)がみられ、この半島の自然景観の特色の一つとなっている。平野は構造平野、侵食平野の部分がかなり広く、河川は短小ではあるが水量の豊富なペラク川、ケランタン川、パハン川などが流れている。海岸は、西岸は泥床が多くマングローブが繁茂しているが、東岸は砂州が発達している。気候は、主要部は熱帯雨林気候で、気温の月変化が少なく、降水量の月較差も比較的少ない。しかし北に行くにしたがって降水量の季節変動は大きくなり、熱帯モンスーン気候となる。たとえば南部のクアラ・ルンプールでは、月降水量は最少の7月が130ミリメートル、最多の11月が279ミリメートルである。これに対して北部のプーケット島では、雨は4月~11月に集中し、最少の2月は36ミリメートルであるが、最多の9月は320ミリメートルとその差は大きくなる。年降水量は山脈にかなりの影響を受け、マラッカ海峡、ボルネオ海沿岸では4000ミリメートルを超えるが、中央部山地では約2500ミリメートルと減少する。
 この半島は古くから東西交通の要地にあたり、また近代に入り錫(すず)鉱やゴム園の開発で急激に発達したため、住民構成は複雑である。主要民族のマレー人のほか、中国人、ヨーロッパ人、インド人などの外来人が多く住む。また山地にはセマン、セノイなどの先住民族も居住するが、人口は少ない。[大矢雅彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマレー半島の言及

【ムラユ】より

…そしておそらく12世紀末ごろからパレンバンをしのいで王国の中心となったらしい。その後彼らの一部はスマトラ西岸に進出して,現在のミナンカバウ族となり,また一部はマラッカ海峡を渡ってマレー半島西岸に住みつき,今日この地がマレー(マライ)半島と呼ばれる素地をつくった。彼らの国語であるマレー語は,敬語などが少なく日常会話に便利であったところから,その活発な商業活動によって,マレー半島からインドネシアのほぼ全海岸地方に広まり,取引のための公用語となった。…

※「マレー半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マレー半島の関連キーワードインドシナ半島東南アジア東南アジア条約機構南海貿易アジア象南アジア南アジア語族アジア風邪東インド東南アジア学会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マレー半島の関連情報