コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルゴカルシフェロール ergocalciferol

デジタル大辞泉の解説

エルゴカルシフェロール(ergocalciferol)

ビタミンD2の化学名。シイタケ・卵黄などに多く含まれ、欠乏すると、くる病などを引き起こす。→ビタミンD

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

エルゴカルシフェロール

 C28H44O (mw396.66).

 ビタミンD2ともいい,また単にカルシフェロールともいう.エルゴステロールに紫外線が照射されると生成する.コレカルシフェロールと同様に体内で,1,25-ジヒドロキシエルゴカルシフェロールに変換されてビタミンD活性を示す.鳥類では活性が低い.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

エルゴカルシフェロール【ergocalciferol】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

エルゴカルシフェロールの関連キーワードヒドロキシビタミンDプレカルシフェロールプロビタミンD2ビタミンディーにカルシフェロ一ルビタミンD2ビタミン剤シイタケ