コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルサレム聖書 エルサレムせいしょLa Bible de Jérusalem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルサレム聖書
エルサレムせいしょ
La Bible de Jérusalem

1948~54年にかけてフランスで出版されたエルサレムのドミニコ会聖書学校の編集による聖書。初版は分冊形式で文献批判をそなえ,聖書各書について注が詳細に施されていたが,56年,『エルサレム聖書』として知られるようになった1冊形式のものが出版された。この版では以前の分冊形式では果せなかった各書間の参照が十分になされており,すでに各国語に翻訳され,きわめて好評である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エルサレム聖書の関連キーワード新藤兼人木下恵介エレクトロニクス史(年表)民主自由党[日本]市川崑北朝鮮斎藤寅次郎戦争文学ヒューストン(John Huston)ベルイマン(Ingmar Bergman)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android