コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルシニア・エンテロコリチカ食中毒 えるしにあえんてろこりちかしょくちゅうどく

1件 の用語解説(エルシニア・エンテロコリチカ食中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

えるしにあえんてろこりちかしょくちゅうどく【エルシニア・エンテロコリチカ食中毒】

[どんな病気か]
 ブタ肉などの食肉から感染すると考えられていますが、確認されていません。菌が組織に侵入し、毒素原性大腸菌(どくそげんせいだいちょうきん)(「病原大腸菌食中毒」の毒素原性大腸菌)のように腸毒素を生産するといわれていますが、これも確かではありません。
 この菌の発病のメカニズム感染経路潜伏期間などは、まだよくわかっていないのです。
[症状]
 乳幼児は、発熱、軽い腹痛、1日数回の水様性の下痢(げり)がおもな症状で、血便(けつべん)の出ることは少ないものです。ときに咽頭痛(いんとうつう)をともない、かぜによる下痢と診断されることもあります。
 年長児は、虫垂炎(ちゅうすいえん)のような症状になることが多く、おとなは、嘔吐(おうと)、腹痛、下痢などの胃腸炎の症状のほか、発熱、咽頭痛などが出たりします。
[治療]
 この病気は軽症で、化学療法薬は必要ないことが多いのですが、重症のときはトシル酸トスフロキサシンや塩酸シプロフロキサシンなどを使用します。
 この菌は低温を好み、冷蔵庫の中でも繁殖(はんしょく)しますから、3日以上は冷蔵庫に食品を保存しないようにします。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone