コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

病原大腸菌食中毒 びょうげんだいちょうきんしょくちゅうどく

1件 の用語解説(病原大腸菌食中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

びょうげんだいちょうきんしょくちゅうどく【病原大腸菌食中毒】

[どんな病気か]
 病原大腸菌にはつぎの4種類があって、発病のメカニズムも症状もちがいます。
■組織侵入性大腸菌(そしきしんにゅうせいだいちょうきん)
 この菌は大腸の粘膜上皮(ねんまくじょうひ)組織内に侵入・増殖(ぞうしょく)し、発熱、腹痛(しぶり腹コラムしぶり腹(テネスムス/裏急後重)とは」))、下痢(げり)(粘血便(ねんけつべん))など赤痢(せきり)と同じ症状をおこします。ふつうは、人から人へ感染して散発的に発生しますが、食品から集団発生することもあります。
■毒素原性大腸菌(どくそげんせいだいちょうきん)
 この菌は小腸で繁殖(はんしょく)し、毒素を生産して腸の粘膜を刺激します。その結果、腸での水分と電解質の吸収・分泌(ぶんぴつ)の調子をくるわせ、下痢や嘔吐(おうと)をおこします。
 先進国には少なく、東南アジアインドアフリカ中南米諸国に多い食中毒で、旅行者もよくかかります。
 抗生物質で治療しますが、下痢がひどければ輸液も行ないます。
■腸管病原性大腸菌(ちょうかんびょうげんせいだいちょうきん)
 乳幼児に嘔吐、腹痛、水様の下痢をおこすとして古くから知られていた菌で、毒素によって病気がおこるとされていますが、その毒素はまだ確認されていません。
 この菌は、家畜や、食肉からも見つかり、成人は食品を介して口から菌が大量に入ったときに発病します。
 治療・予防は、サルモネラ食中毒(「サルモネラ食中毒」)と同じです。
腸管出血性大腸菌(ちょうかんしゅっけつせいだいちょうきん)
 O(オー)‐157菌による食中毒がわかったのは新しく、日本では1984年以降です。
 水様の下痢が頻回におこり、3日目ごろからへそのまわりが強く痛み、血便(けつべん)が数日続きます。発熱は38℃以下で、嘔吐はあまりおこりません。
 子どもは、溶血性尿毒症症候群(ようけつせいにょうどくしょうしょうこうぐん)(HUS=顔や下肢(かし)のむくみ、顔面蒼白(そうはく)、意識の混濁(こんだく))が続発し、生命にかかわることもあります。
 井戸水や食肉から集団発生することが多く、人から人へと感染することはまれです。輸液や抗生物質で治療し、尿毒症がおこれば人工透析(じんこうとうせき)(「人工透析」)が必要になります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

病原大腸菌食中毒の関連キーワード大腸菌病原性大腸菌何心地不死身HUSベロ毒素産生性大腸菌出血性大腸炎EMB寒天培地NDM1

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone