コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルチェの椰子園 エルチェノヤシエン

2件 の用語解説(エルチェの椰子園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エルチェ‐の‐やしえん〔‐ヤシヱン〕【エルチェの椰子園】

Palmeral of Elche》スペインのエルチェにあるヤシ園。広さは約2平方キロメートルで、樹齢300年以上のナツメヤシが約20万本群生している。ヤシと、アラブ特有の灌漑(かんがい)システムは、イスラム教徒によってもたらされたもの。2000年、世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

エルチェのやしえん【エルチェの椰子園】

2000年に登録された世界遺産(文化遺産)。スペイン南東部、バレンシア南方にある地中海沿岸のエルチェ市には、ヨーロッパ最大規模のナツメヤシの農園がある。ここには樹齢300年以上のナツメヤシ約20万本以上が植えられている。この土地にナツメヤシを植えたのは、紀元前1000年頃のフェニキア人カルタゴ人といわれている。その後イベリア半島を支配したローマ人やムーア人(イスラム教徒)の支配下にも、この椰子園は生き残り、スペイン王国に引き継がれ、今日に至った。この椰子園が現在残されているような姿に整備されたのは、後ウマイヤ朝の初代アミールアブド・アッラフマーン1世の時代で、アラブの先進的な灌漑システムを導入してビナラポ川の水を利用するようになったことによる。これにより、降水量が年間わずか300mmしかないエルチェにおいても、安定したナツメヤシの栽培が可能になった。◇英名はPalmeral of Elche

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルチェの椰子園の関連キーワードエルチェグリニッジバム文化遺産複合遺産自然遺産ルストロルシュМірヴルコリニェツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone