コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルドリッジ Eldridge, James Stuart

2件 の用語解説(エルドリッジの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

エルドリッジ Eldridge, James Stuart

1843-1901 アメリカの医師。
1843年1月2日生まれ。明治4年(1871)ケプロンの書記兼医師として来日。開拓使外科医長となり,函館病院で診療。函館医学校をひらいた。8年横浜で開業。十全医院外科医長などをつとめた。明治34年11月16日横浜で死去。58歳。フィラデルフィア出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

エルドリッジ

没年:明治34.11.16(1901)
生年:1843.1.2
明治期に来日したお雇い外国人アメリカ人医師。フィラデルフィア生まれ。ジョージタウン大で学ぶ。明治4(1871)年,開拓使顧問ケプロンの書記兼医師として来日。翌年函館医学校の教官,外科医長。8年横浜に移り開業,翌年横浜一般病院院長,7年からは横浜十全病院の治療主任を兼ねた。33年慈恵成医会副会長。『近世医説』の発刊のほか,日本在留の欧米人の疾病統計の仕事があり,故国に日本の解剖模型を送るなど日米医学交流に尽くした。横浜外国人墓地に眠る。<参考文献>大西泰久『御雇医師エルドリッチの手紙』,大滝紀雄「ヘボン,シモンズエルドリッジ」(『医学近代化と来日外国人』)

(長門谷洋治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルドリッジの関連キーワードアビーフォックライマンパーソンヒルハウスブラウンスゴッチェシャンドジュウェットチャプリン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エルドリッジの関連情報