エルネスト グラッシ(英語表記)Ernesto Grassi

20世紀西洋人名事典「エルネスト グラッシ」の解説

エルネスト グラッシ
Ernesto Grassi


1902.5.2 -
イタリアの哲学者。
元・ミュンヘン大学教授。
ミラノ生まれ。
ドイツで活躍したカトリック哲学者で、ミラノ大学で哲学博士号取得後、フライブルグで研究、ハイデッガー哲学をイタリアに紹介。1948〜70年ミュンヘン大学教授を務め、ドイツの叢書ロボールトの編集者でもある。世界のイメージを形成する人間の基礎的な行為は「隠喩的行為」にあり、本質は論理的思考ではなくレトリックにあるとし、最近はこの立場でマルキシズム批判を行う。著書に「古代の美論」(’62年)、「イメージの力」(’70年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android