コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルフィンストン Mountstuart Elphinstone

世界大百科事典 第2版の解説

エルフィンストン【Mountstuart Elphinstone】

1779‐1859
イギリス東インド会社支配下のボンベイ知事。在任(1819‐27)中ボンベイ管区の徴税・行政・教育制度の整備に力を尽くした。特にマドラス管区に続いてライーヤトワーリー制度を導入したことは有名。また第3次マラーター戦争では武勲をたてた。C.T.メトカーフ,T.マンロー,W.ヘースティングズ,A.ウェルズリーらと並ぶ当時の代表的な東インド会社指導者で,彼の著書のうち《インド史》(1841)は名著といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

エルフィンストン

生年月日:1779年10月6日
イギリスのインド行政官,歴史家
1859年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

エルフィンストンの関連キーワードD. ナオロージービューラーナオロジー生年月日ミルザーバーバタタ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android