コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルフィンストン Mountstuart Elphinstone

世界大百科事典 第2版の解説

エルフィンストン【Mountstuart Elphinstone】

1779‐1859
イギリス東インド会社支配下のボンベイ知事。在任(1819‐27)中ボンベイ管区の徴税・行政・教育制度の整備に力を尽くした。特にマドラス管区に続いてライーヤトワーリー制度を導入したことは有名。また第3次マラーター戦争では武勲をたてた。C.T.メトカーフ,T.マンロー,W.ヘースティングズ,A.ウェルズリーらと並ぶ当時の代表的な東インド会社指導者で,彼の著書のうち《インド史》(1841)は名著といわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

エルフィンストン

生年月日:1779年10月6日
イギリスのインド行政官,歴史家
1859年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

エルフィンストンの関連キーワードD. ナオロージービューラーナオロジー生年月日ミルザーバーバタタ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android