エルブルズ[山脈](読み)エルブルズ

百科事典マイペディアの解説

エルブルズ[山脈]【エルブルズ】

ペルシア語ではアルボルズ山脈。イラン北部,カスピ海南岸沿いに東西に走る山脈。延長約1000km。平均標高3000mで最高峰はダマバンド山(5671m)。カスピ海の湿気をさえぎり,このため南斜面は雨量のきわめて少ない乾燥地帯となっているが,北斜面は耕作地帯。水力も豊富で開発中。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エルブルズ[山脈]【Elburz Mountains】

イラン北部をカスピ海沿いに東西に走る山脈。ペルシア語で正しくは,アルボルズ山脈Reshteh‐ye Alborzとよばれる。延長約1000km。西部には3000m級の山が多い。最高峰は標高5671mのダマーバンドDamāvand山。東はパロパミサス山脈からヒンドゥークシュ山脈に,西はアルメニア高原につづく。北面は豊かな降水量に恵まれ(西部で年1500mmをこす),温帯広葉樹林が繁茂し,平野部では米,茶,タバコなどが栽培され,人口も稠密である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android