コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エル・テムル(燕鉄木児) エル・テムル Eltemür

1件 の用語解説(エル・テムル(燕鉄木児)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エル・テムル(燕鉄木児)
エル・テムル
Eltemür

[生]?
[没]元統1(1333)
中国,元の権臣。キプチャク・ハン国の人。諡は忠武。欽察親軍衛都指揮使を世襲。武宗にケシク (侍衛) として仕え,仁宗,泰定帝各朝において累官。致和1 (1328) 年泰定帝が上都に没し,幼帝天順帝が即位するや,武宗の皇子文宗を大都に擁立し,上都を攻撃して勝利を収めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エル・テムル(燕鉄木児)の関連キーワード階乗数値積分スターリングの補間公式NエヌN末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone