コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エル・テムル(燕鉄木児) エル・テムルEltemür

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エル・テムル(燕鉄木児)
エル・テムル
Eltemür

[生]?
[没]元統1(1333)
中国,元の権臣。キプチャク・ハン国の人。諡は忠武。欽察親軍衛都指揮使を世襲。武宗にケシク (侍衛) として仕え,仁宗,泰定帝各朝において累官。致和1 (1328) 年泰定帝が上都に没し,幼帝天順帝が即位するや,武宗の皇子文宗を大都に擁立し,上都を攻撃して勝利を収めた。文宗の兄明宗がいったん即位したが毒殺して再度文宗を立て,権臣の地位を確立してダルハン (荅剌罕) ,中書右丞相その他最高官爵を独占した。泰定帝の后妃をめとり,子のタラハイ (荅剌海) を文宗の息子とし,寧宗擁立にも加わり専権をふるったが,荒淫におぼれて死んだ。徳王に追封された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エル・テムル(燕鉄木児)の関連キーワードバヤン(伯顔)[元末]キプチャク・ハン国タンキス(唐基勢)明宗[元]文宗[元]ケシク忠武仁宗武宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android