エル・テムル(燕鉄木児)(読み)エル・テムル(英語表記)Eltemür

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エル・テムル(燕鉄木児)
エル・テムル
Eltemür

[生]?
[没]元統1(1333)
中国,元の権臣。キプチャク・ハン国の人。諡は忠武。欽察親軍衛都指揮使を世襲。武宗にケシク (侍衛) として仕え,仁宗,泰定帝各朝において累官。致和1 (1328) 年泰定帝が上都に没し,幼帝天順帝が即位するや,武宗の皇子文宗を大都に擁立し,上都を攻撃して勝利を収めた。文宗の兄明宗がいったん即位したが毒殺して再度文宗を立て,権臣の地位を確立してダルハン (荅剌罕) ,中書右丞相その他最高官爵を独占した。泰定帝の后妃をめとり,子のタラハイ (荅剌海) を文宗の息子とし,寧宗擁立にも加わり専権をふるったが,荒淫におぼれて死んだ。徳王に追封された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android